スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回キツネの社mf 使用構築 霊獣トルネロス入り脱出雨(一応ベスト8

第8回キツネの社mfで使用した構築です
記事を書くモチベがなかったのですが書いてと言われたので書きます

結果からいうと予選ラウンド7勝1敗で2位抜け
決勝トーナメント3回戦?(シードだったので3回戦といっています)で自分のプレミが原因で負けてしまいベスト8で終わりました

キツネオフ前日に電車の中である程度軸を考えて泊まらせてもらったところで穴埋めに使うポケモンを考えました
急いで組んだ構築のため目に見える穴もありますが全体的にはそこそこ戦える構築にはなったと思います
目に見える穴とはバンギラス+スイクンなのですが立ち回り次第で突破できると割り切っていました
実際このオフでもバンギラス+スイクンに2回当たってどちらも勝てたのでどうにもならないわけではないはずです

以下構築詳細

色ニョロトノ♀色キングドラ色マンムー♀
霊獣トルネロス色クレセリア色ローブシン


★ニョロトノ@脱出ボタン
 熱湯/滅びの歌/アンコール/守る
 197-*-126-111-130-93

★キングドラ@命の珠
 ハイドロポンプ/波乗り/竜の波動/身代わり
 149-*-115-147-116-150

★マンムー@気合いの襷
 地震/つららばり/氷の礫/ステルスロック
 185-182-101-*-80-145

★霊獣トルネロス@こだわり眼鏡
 暴風/エアスラッシュ/とんぼ返り/寝言
 155-108-100-162-110-190

★クレセリア@食べ残し
 サイコショック/めざめるパワー格闘/瞑想/身代わり
 209-*-140-115-150-148

★ローブシン@氷のジュエル
 ドレインパンチ/冷凍パンチ/岩雪崩/マッハパンチ
 207-166-119-*-124-66


【個別解説】
ニョロトノ
色ニョロトノ♀
鉢巻カイリューの逆鱗耐え
眼鏡ラティオスの流星群耐え

脱出ボタンニョロトノの単体性能はすごく低いので起点にならないということを第一に考えて滅びの歌とアンコールが確定しました
熱湯はダメージを与える以上に火傷の追加効果での相手の事故を狙うため
守るは単体性能が低い脱出ニョロトノの中では一番使用機会に優れ終盤での負け筋を消すことにもつながる技なのでいれました
他に入れる技がなかったというのもあります
(相手ラス1でこちらがニョロトノ+何かだった場合に滅びの歌が成功した時に守る→交代で裏を捨てる→守るで勝つことができるため)


キングドラ
色キングドラ
臆病CS
Hの実数値が149になるように個体値を落としています

ニョロトノキングドラの並びになっていますが構築の最後に入ってきたポケモン
H149なのは前日の夜に急いで用意したためにBW初期に使ってた個体を流用したためなのですがダウンロードに強くなることと1回攻撃した時点でH150の個体と同じ耐久になることを考えるとこれでよかったかも知れません
珠だからと言ってHPの効率をよくするかどうかはどちらでもいいと思います
本来のキングドラとしての性能は大きく落ちていますが見たい範囲に刺さる臆病珠です
最後に入ってきた穴埋めとして採用したポケモンですが見たかった範囲が
バシャーモ、雨ミラー(これについては後述)、ステロ+カイリュー+珠ハッサムの並びです
拘らないキングドラはステロがあればこのカイリューハッサムの並びに非常に強いので眼鏡キングドラを処理するという考えの相手に非常によく刺さります(主に珠ハッサムを採用した積み技サイクル)
バシャーモは2回加速しても臆病キングドラを抜けないため対面からならほぼ確実に勝てますし相手が1度加速していても1度守ったら次に殴ってくるはずなので勝てると思います
身代わりを入れているのはバシャーモを考えてとラス1相手に滅びを撃った後の時間稼ぎ


マンムー
色マンムー♀
陽気AS

よくあるマンムー
ステロは先ほどのキングドラでカイリューやラティオスを倒すために必須でした
またトルネロスの暴風の火力がステロがあればちょうどよくなるのでそれも含めます
地震つららばり氷の礫は入れない理由がありませんでした
マンムーは基本的に初手対面などの襷が残った状態でないと使いにくいポケモンですが今回は脱出ニョロトノからマンムーに繋いだりと後発でも動きやすようにしています


霊獣トルネロス
霊獣トルネロス
臆病CS

暴風の一貫性をとって勝つことが目的の眼鏡トルネロス
技はコンセプト上暴風が確定でピン選出をすることや非雨下でキノガッサなどに安定して撃っていきたかったのでエアスラッシュ
蜻蛉でユキノオーの襷を崩しながらニョロトノで脱出してトルネロスなどの流れをとれるとんぼ返りまでは確定
ラス1枠はホントは草結びにしたかったのですが前日にポイントマックスがなかったのでまあいいかと思って寝言のまま使いました
マンムーやキングドラもPPが増えてなかったのでいっそ変えてもよかったかもと後々思いました
草結びにする理由はバンギスイクンの並びが非常に重いためです
他にはカバルドンに大ダメージをいれられます


クレセリア
色クレセリア
最速ギャラドス抜き+1
他色々(忘れた)

ニョロトノキングドラトルネロスを見た上にクレセリアローブシンの並びを見て受けループ側がバンギラスよりラッキーを優先して選出してくると思ったのである程度受けループに強い枠として
またポイヒガッサを起点にすることが出来たり雨霊獣トルネロスの構築にはかなり相性がいいと思います
本当はめざ炎で使いたかったんですが構築を決めたのが前日で臆病めざ炎クレセリアを持っていなかったのであきらめてめざ格闘で使いました
めざ炎は珠ハッサムの起点にされないというのが非常に大きいのでそちらを使いたかったですが今回は目覚めるパワー炎も格闘も撃つ場面がなかったのでどちらがいいかわかりませんでした
Sは147の瞑想クレセリアが多いことからその数値+1になってますがどうせなら149まで上げていいと思います


ローブシン
色ローブシン
前回の記事参照

このポケモンと霊獣トルネロスを使いたくて組みました
雨、更にトルネロスを見て初手に出したくなるポケモンにすごく刺さります
また本来のローブシンと違いドレインパンチの火力がすごく低いためハッサムに弱いのですがそれを脱出からキングドラやトルネロスで解決できるようにしました
マンムーと割と性質が似ていてほぼ対面でしか有利がとれないポケモンが多いというのが問題だったのですがそれも脱出ニョロトノを使って不利対面をスムーズに交代できるようにしました
ユキノオー入りの構築にかなり初手安定するようになります
またクレセリア+ローブシンの並びを見せることでトリックルームからのローブシンを警戒させ相手にトノグドラナットの選出をさせないことが最大の目的でもあります
相手のトノグドラナットという選出が非常にきついためその選出を縛る必要がありました
その際に相手がナットレイを出さずにキングドラを選出してきた場合に崩しやすい臆病キングドラが刺さります
キングドラが出てこなければ霊獣トルネロスが刺さる場合が非常に多いです



最後にベスト8で負けたときの対戦がかなりひどい立ち回りであったために自分への戒めの意味を込めてその1戦だけプレイングミスの解説をしながらログをかきたいと思います(メモをとっていなかったために他は覚えてなかった)

VSユウマさん
相手のPT:カバルドン ドリュウズ ラティオス ゴチルゼル パルシェン バシャーモ
色カバルドン♀色ドリュウズ色ラティオス
ゴチルゼルバシャーモ♂色パルシェン


相手の選出:ラティオス バシャーモ ゴチルゼル
色ラティオスバシャーモ♂ゴチルゼル

こちらの選出:マンムー ニョロトノ キングドラ
色マンムー♀色ニョロトノ♀色キングドラ


相手の構築を見たときに対雨の処理をバシャーモに任せていると思ったのでバシャーモメインの選出をしてくるのはすぐにわかりました
こちらのPTにクレセリアがいるためバシャーモがクレセリアに止められた場合に起点にして全抜きを狙うゴチルゼルも来るとわかりました
あと1匹ですがこちらのPTに比較的刺さっていてマンムーなどと対面した場合にトリックでバシャーモの技を固定できるラティオスが初手に出てくると思いそれ以外の選出で相手が勝つ方法が思いつかなかったためこちらはそれに的を絞って選出をしました
その際に他の選出へのケアもできるようにマンムーニョロトノキングドラを選出
上に書いたようにキングドラでバシャーモを処理する予定でした
ここから対戦ログを書いていきたいと思います

1ターン目:相手のラティオスのトリックでスカーフと襷を交換、こちらはマンムーでステロ

これが一つ目のプレミです。まずつららばりを撃つのは絶対にダメでした
トリックされてバシャーモの起点になってしまい下手をすると3タテまで見えるためです
ここまではよかったのですが何を思ったかステルスロックを選択してしまいました
予選でも同じような対面があり(その時の裏はウルガモスの可能性があったため)そこでは氷の礫を選択していたのになぜかこの対戦ではステルスロックを選択してしまいました
決勝トナメで少し焦ってしまったのが原因なのでちゃんと落ち着いて対戦するべきでした
何故ステロがダメなのかというとHP満タンのラティオスが臆病珠グドラの竜の波動で乱数でしか落ちないこととそもそもステロを選択してマンムーの襷をとられてしまうからでした
ちなみにここでラティオスが襷を持っているということを忘れて対戦を続けてしまっています

2ターン目:マンムー→ニョロトノ、相手のトリックで襷と脱出ボタンを交換

ここは正直ラッキーでした
相手に襷をとられていることを忘れているためニョロトノに交代して脱出してグドラで縛りに行く予定でしたが後々考えると襷をとられているのでここでトリックがこなければ終わっていました

3ターン目:ラティオスの流星群、ニョロトノの熱湯でラティオスが脱出してバシャーモ

ここの行動は間違えていなかったと思います

4ターン目:バシャーモの雷パンチでニョロトノが落ちる(ここでは滅びを選択していた)

このターンもミスはなかったと思います
相手が守る警戒で守ってきたり身代わりをしてきてグドラを抜くまで加速される可能性があったため滅び以外は撃てません

5ターン目:キングドラを出して波乗りを選択 相手のバシャーモは守る

キングドラと対面した状態でバシャーモは1加速でした
ここが最大のミスでまず脳内で相手のバシャーモはSに補正がかかっている性格だと決めつけていたことが問題でした
ニョロトノ+霊獣トルネロスを使用していたヒデキさんが竜舞キングドラを使用していたため相手がそれを警戒して殴ってくる可能性があったためここで守られても次は絶対動いてくるだろうと思い波乗りを選択してしまいました
ここはもし相手に殴られていたとしても身代わりを選択しておけば相手は次のターンに攻撃してくるので身代わり大安定でした
ここで身代わりを選択することによるこちらの負け筋は相手が身代わりを持っていてこのターンで身代わりを使用することだけでした
更に雷パンチを見ているため身代わりのスペースはほぼないと考えていいためここで身代わりをしないのはプレミ以外のなんでもありません(雨を処理するのに守るは必須級なので)

6ターン目:相手のバシャーモの2連守るが成功 波乗りが守られて相手が3度目の加速

それでもここで殴ってくるので勝ちだと思っていました
しかし相手のバシャーモの性格が意地っ張りだったらしく2連守るにかけてきました
そこで2連守るを決められて負けてしまいました
1ターン前のプレミがなければ勝っていた対戦なのでこの2連守る成功は仕方ないと思います

7ターン目:とびひざでグドラが落ちる

8ターン目:とびひざでマンムーが落ちる

膝を避けることなく負け


このようなふがいない立ち回りをしたせいでベスト8で終わってしまいました
決勝トーナメントではいつもはしないようなプレミを連発する癖があるのでもう少し集中したいと思います
予選での1敗もタッチミスによるものだったのでそれもしないようにしたいです

今回の構築の軸となる眼鏡トルネロスのアイデアはこちらのヒデキさんの構築を参考にしました
ありがとうございます

また今回初めてキツネオフに出て運が後押ししてくれたこともありベスト8と言う成績を残せてよかったです
貰った賞状がこれ
キツネオフ賞状

今までオフで賞品なるものを貰ったことがなかったこともあり嬉しかったです

久しぶりにまともな記事を書いて長くなってしまいましたがここまで見てくれてありがとうございました
スポンサーサイト

コメント

臆病珠グドラとかうんこ乙と煽ろうと思っていたけど8位は凄いね
トノグドラマンム-大杉

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ムーン

Author:ムーン
ムゥゥウン( ◉◞۝◟◉ 三( ◉◞۝◟◉ )三( ◉◞۝◟◉ )ムゥゥウン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。